■プロフィール

Tackey(かずや)

Author:Tackey(かずや)
ヨコハマ在住の48歳

今年こそ!と趣味のバイクで親子タンデムを準備しています。ただ、息子3人!誰を連れて行くか…が。
3DS&PSPに夢中になっている子どもたちに対して、これじゃイカン!とは常に思っています

■最近の記事
■最近のコメント
■FC2ブログランキング

ご協力をおねがいします。

FC2ブログランキング

■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■フリーエリア

■ブロとも申請フォーム
親子ツーリング With 優弥 その3
9月21日…台風一過の好天…になるはずでしたが…。

ネットで親子でツーリングを楽しんでいるバイク龍人さんと知り合い、親子タンデム3台ツーリングに行ってきました。
私の場合、勤務と仕事内容が特殊なので、実際に友人や他人と一緒に会ったり出来る機会は少なく…少ない機会を出来るだけ多くして、人と交われる場を増やす道具としてもバイクでツーリングと言うのはとても大切なモノになっています。

今回は、順番では優弥になります。距離もこれまでよりもかなり長い距離になりそうなので、体力のある優弥で丁度よかったです。

台風が発生していたので、気にならないことはなかったのですが、ネットなどで台風の情報を観察し続けると21日には通過して、ちょうど言い具合に「台風一過の好天」になりそうでした。
20日(土)、台風一過の好天。バイクの給油と作動チェックと小物の買出しに行きました。昨年(2007年)の夏前から親子タンデムで3人の兄弟を順番にツーリングに連れて行くようになっていましたが、基本的に天気が少しでも悪くなりそうな時はツーリングそのものを中止していました…ので、実は子ども用の雨具は持っていなかったのです。小物…子ども用のグローブを探しに行ったのですが、めぼしいものは見つからず、念のため!と安価な雨具(…これも子どもサイズはなく、一番小さいSサイズ)を買ったのです。結果的に、これが幸いしたのですけど…。

前夜、早く寝るようにさんざん注意したにもかかわらず、エンタの神様(野球放送により30分繰り下げ)を最後までしっかりと見てから床に就いた長男ゆうや、それでも目覚まし時計のアラームで一発起床しました。時間は4時丁度。ごそごそと準備をしていると、ママも起きてきてくれました。予定より少し早めですが、4時20分自宅を出発しました。出発の時は、いつものようにママは出発前の写真を撮ってくれました。
IMG_1553.jpg
集合は談合坂SAに6時30分。道がすいていて交通が順調であれば、自宅からは1時間30分程ですが、初めて会うのに遅刻と言うのもあまり良くないと…暗い中を走り出します。いつもは狩場IC前のセブンイレブンに立ち寄って(クラブのツーリングの集合場所)いるのですが、今日は阪東橋から首都高を使います。いつもの道とは違うのに優弥は気がついて「今日は狩場寄らないの?」と…。けっこう道についても解かっているのだと、ちょっと感心しました。
保土ヶ谷バイパス、16号と早朝…まだ暗い中を順調に進みます。橋本五差路も過ぎて…新しく道が出来ていて、その道の案内図に「長竹」と表示があったので、これまで相模湖ICへ行くには津久井湖を経由して行った事しかなかったのですが、新しいチャレンジをしてみる事にして、その方向に…。案の定、行き先の案内板には方向違いの地名がどんどん出てきます。時間に余裕があるとはいえ夜明け前の真っ暗な道、さすがに不安になって路肩に寄せて地図を確認しました。(間違ってはいなかったのですが、遠回りだったようです。)三カ木からは慣れた412号から相模湖駅前を経由して20号を相模湖ICへ。相模湖につく頃には、空が白みはじめて夜が空けてきました。何とか6時前には中央高速に乗って、早朝深夜割引適応になります。まだ混んでいない中央道を、集合時間に合わせようとゆっくり目に談合坂SAに向かいましたが、それでも6時10分には談合坂SAに着いてしまいました。

二輪のスペースにバイクを停車させて「早過ぎちゃったかな…」なんてぶつぶつ言っているうちに、振り返ってみると子どもとタンデムをしたBMWR1200RTが…バイク龍人さんでした。「はじめまして」の挨拶をして、SAの休憩スペースへ。
優弥はいちおう、朝食にトーストを食べていますが、今回のツーリングは彼にとって未踏の450キロ!12時間以上の長丁場ですので、脳に糖分&体にエネルギーの補給として、ソフトクリームを…自分で買わせました。(もちろん、お金は出してあげましたけど。)そこへバイク龍人さんに着信。同行のSさんから、少し遅れます!コールでした。Sさんが着くまで、コースについて軽く検討しました。バイク龍人さんは先に八ヶ岳公園道路から麦草峠を越えて蓼科へ!というコースを考えていたようでした。私自身はほとんど「八ヶ岳方面で蓼科」というので、無難に諏訪まで行って蓼科&麦草峠と…ただ、蓼科周辺でお昼と言うのであれば時間が早すぎるので、霧が峰を経由して時間をつぶすと丁度いいのじゃないか?なんてぼんやり考えていて…来月のクラブの定例がそちら方面だという事を知っていたバイク龍人さんもその案を受け入れてくださいました。
ただ、今にして考えると、談合坂SAで天気はあまり思わしくなかったので、いきなり霧が峰まで走ってしまい、雨だろうがなんだろうが麦草峠越えないと帰れない!っていうコース設定はあまり好ましいものではなかった気がします。八ヶ岳公園周遊道路であれば、雨が降ってきたらさっさと南下して白州うなり何なり、東京に戻りながら走ればよかった…と言うエスケープルートも考えられたのに…なんて浅はかで考えなしな私…反省!!
まあ、さほど遅れなくSさん親子も合流して、談合坂を出発しました。



続きを読む >>
スポンサーサイト
未分類 | 21:56:16 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad