■プロフィール

Tackey(かずや)

Author:Tackey(かずや)
ヨコハマ在住の48歳

今年こそ!と趣味のバイクで親子タンデムを準備しています。ただ、息子3人!誰を連れて行くか…が。
3DS&PSPに夢中になっている子どもたちに対して、これじゃイカン!とは常に思っています

■最近の記事
■最近のコメント
■FC2ブログランキング

ご協力をおねがいします。

FC2ブログランキング

■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■フリーエリア

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神は乗り越えられる試練しか与えない!なんて嘘だよね。
最近、ツイートのまとめ!ばかりがブログになってしまっている。

まぁ、いちいちブログにしなくても、かってに更新されてアクティブになっているっていう意味ではいいんだけれど、はたして、その少ない文字数の積み重ねで伝わるのか?

今年になってから…というか、去年の今頃から、すこしずつ運命が「イマイチ、思わしくないなぁ…」だったわけだけど、特に、この6月からは今までの人生で、こんなに不本意なイヤな出来事が??って言うのが立て続けに降りかかってきている。
2002年の1月4日も、人生で「これ以上の不幸は無かった?」という出来事が起こったし、その処理を間違ったために現在のちょっと苦しい生活!になっちゃったわけだけれど、この6月に起きた出来事は、それに勝るといえども決して劣らず!!って感じだ。

人生で、いくつもの選択ミスをしている。
だれだって、正しい選択・適切な選択ばかりをしてきたわけではないだろうけど…。
それにしても、間違った選択の結果の禍々しい結果が、なんでこう、イキナリ手をつないで一度に一緒に「こんにちは!!待ってた??」って感じで訪れたのか…。

他人は気軽に言うだろうなぁ…
「神は乗り越えられない試練は与えない」って言うじゃん。だから、大丈夫だよ!!

でもね、それは、乗り越えられる状況しか対面したことがない、幸運な人だから言うんだ。
考えてみてよ。
3・11の津波は、なんだったの?命を落とした人に「神様が与えた乗り越えられる試練だよ」って、言えるの???

あの言葉は、聖書の「コリント人への第一の手紙」の10章13節に出てくる言葉なのだけど
>『あなたたちが人生で出会った(悪に対する)誘惑は、ひとにはよく起きることです。
>そして、神は真実で不変です。
>神は、あなた方が耐えることのできない誘惑に会わせるようなことはなされません。
>でも、あなたたちが(悪に)誘惑される時は、神は、それを逃れる道をお与えになり、
>あなたたちはその誘惑に耐えることができる(かも知れません) 』
って言う解釈の方が、言語に近いらしいんだそうだ。
http://blog.goo.ne.jp/knkimura/e/81fe3f2df383e8a96c63e861bedda0c4
受け売りだけど。

でも、その感覚はすごく共感できた。

すごく苦しい。死んでしまってそれでおしまいに出来るのであれば、楽なのかもしれない。
でも…それで死んでしまえば本当に「おしまい」なのかなぁ?って。

過去に起きたことを、今からどうすることはできない。
未来に起きるであろうことを、今の時点で正確に知ることもできないだろう。

今の置かれた状況を、可能なかぎり大切にするしか…ないのだろう。

悲しいけれど、今の僕には、選択肢…というか持てる余力はかなり乏しい。
だから、持てるものを選別せざるを得ない。
これも「断捨離」なのだろうなぁ…。

断捨離…なんていうのも、まるで仏の教えみたいに聞こえるけど、実際は仏教徒は何の関係もなかったりするようだ。ヨガの考えだから、まるっきり無縁!!ってこともないようだけど。
スポンサーサイト


未分類 | 01:59:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。